スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノスタルジア京都


あなたは覚えているかしら
あの日の風の優しさを
白川通を超えてすぐ
銀閣寺から南禅寺
ゆっくり歩くあなたの横で
私は
風に舞い
疎水に落ちた紅い葉が
流れていくのを見てました


あなたは覚えているかしら
降り出した雪の静けさを
路面電車を降りてすぐ
嵐山の橋の上
あなたと二人手をつなぎ
私は
降り続く
川面に落ちた粉雪が
溶けて消えるのを見てました


覚えていますか


あなたは覚えているかしら
満開の花のはかなさを
四条通の突き当たり
円山公園なかほどで
二人一緒に立ちすくみ
私は
吹き抜ける風に
しだれ桜の花びらが
舞い落ちるのを見てました

  
あなたは覚えているかしら
あの日の雨の冷たさを
御池大橋たもとから
鴨川べりをぶらぶらと
あなたと歩いた散歩道
私は
通り雨の激しさに
逃げるように飛び立った
白い鳥を見てました


ほら、二人
手をつないで駆け出した
濡れた髪からしずくが落ちて
冷たいねって笑いあった
雨宿りの橋の下
私は
あの時つないだ
あなたの手が温かかったことを
今でも覚えています

あなたは
あなたは
覚えているかしら






卒業、旅立ちの季節ですね
そんな姿を眺めながら
なんかチラッと
思い出すことありませんか(笑)
最近は暖かいので
気持ちもふわ~っと
ほんわかムードの私です

ランキングに参加しています。
応援していただけたらうれしいです。


  にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ









テーマ : 詩・唄・詞 - ジャンル : 小説・文学

tag : 作詞 京都 四季

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TOKKOさん。お元気ですか・・?
 昔を懐かしんでいる様子が、ふつふつとわいてくる詞ですね。
今はいない人に話しかけていて、寂しさが伝わってきます~。
TOKKOさんの感性は、とても繊細で、心の中の言葉に出来ないような気持ちまでもが、現れているような気がしますね

おはようございます

tokkoさんまたまた傑作ですね 素晴らしいです
情景が眼に浮かびますよ 京都は私にも親しみのある所
友達も下賀茂に住んでいるしとっても大好きな場所です
しっとりとした京都の雰囲気を表現しましたね
唄にしたらどうですか??

この詩、もう最高です。
さりげなく語られる地名も呼び名も
全てしっくりと心に流れて来るから不思議。
ワタシは、一度しか行ったことがない場所なのに
詩の二人が、景色が 想像できる!
いいなぁ~♪ 
誰か唄ってください・・・♪♪♪

春も、夏も、秋も、冬も
 いつも二人で過ごしてきたんだね。
 そして、これからも・・・・

それぞれ薄いピンクとか色が浮かびました

古都の四季の中で過ごされたんですね。 
単純にいいな~と思った。

私も 京都はデートコースでした~ヽ(^o^)丿
 今は 思い出すことが あまりないけど
近いうち だ~れかさんと 歩いてみたいな~♪

ほんわかと あたたかな詩ですね (*^^*)

うわ~。。

いい思い出ね~。。
ん~
手をつないで歩いたら
指と指が
こそこそ
オシャベリして
くすぐったいのよね~♪ 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あなたも一緒に      遊びましょ!
たくさんの方と一緒に、コラボを通して 楽しい世界が広がればいいなと思っています

TOKKO

Author:TOKKO
          

ブログランキング
参加しています         ポチッと応援!!        して頂けると 嬉しいです     にほんブログ村 ポエムブログ 感情詩へ
                       
☆☆☆☆☆

無添加の手作りせっけん
これ、いいですよ!!

  

QRコード
QRコード
フリーエリア
カテゴリ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。